マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

駐車場利用料の扱い

(問題点)
 マンションに機械式駐車場があり、近隣の月ぎめ駐車場の使用料に近い金額を支払っていますが、どのように使われているのでしょうか。今後の修繕も適正に行われるのか心配です。

(解決の糸口)
 まず機械式駐車場利用料は駐車場の保守費用に充当されます。一般的には使用料より保守費用のほうが安いと思われますので余剰金が出ますが、これらは修繕積立金として積み立てるようになっています。(標準管理規約第29条)

(使用料)
第29条 駐車場使用料その他の敷地及び共用部分等に係る使用料(以下「使用料」という。)は、それらの管理に要する費用に充てるほか、修繕積立金として積み立てる。

 しかしながら、修繕積立金として積み立てるといっても、(a)毎月組合員が積み立てている修繕積立金と(b)駐車場使用料の余剰としての修繕積立金は性質が異なるはずです。
 (a)の方は、大規模修繕工事等の全組合員に共通の修繕に使われるべきですし、(b)については駐車場の修繕に使われるべきと考えます。したがって、(a)と(b)を一緒の口座で管理するのは望ましくないため、別口座で管理し、駐車場の修繕にもさらに余剰金が出れば、そこではじめて(a)の修繕積立機への繰り入れを考えるほうが、組合員の理解も得やすいでしょう。
 また、管理組合によっては、駐車場使用料を管理費を扱う一般会計に組み入れているケースもあるかもしれませんが、こちらの場合、日々様々な管理費用として消費されてしまうため、駐車場自体の修繕を考慮すると好ましくありません。
 いずれにしても、まず長期修繕計画を整理して、大規模修繕工事のタイミングと費用、駐車場修繕のタイミングと費用を確認するところから始めるべきと考えます。

Previous 転居した組合員が駐車場を賃借人に使用させている。
Next 駐車場専用使用権や専用庭を解約したい。
Table of Contents
MENU
PAGE TOP