マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

賃借人が管理規約に違反している

(問題点)
 賃借人が管理規約に違反し、部屋を営業目的に使用しています。賃借人は管理規約を守る必要はないのでしょうか。

(解決の糸口)
 区分所有法第46条第2項にあるとおり、賃借人も区分所有者と同じ義務を負う必要があるため、管理規約を守らなければなりません。

区分所有法第46条
規約及び集会の決議は、区分所有者の特定承継人に対しても、その効力を生ずる。
2 占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

 この場合、共同の利益に反する行為の停止等の請求として、管理組合から賃借人に対して管理規約を遵守し、営業目的の使用をやめさせることができます。(区分所有法第57条第4項)
 また、それでもやめない場合は、裁判上の訴えで、占有者に対する部屋の引渡し請求を行うことができます。(区分所有法第60条第1項)

区分所有法第57条
区分所有者が第六条第一項に規定する行為をした場合又はその行為をするおそれがある場合には、他の区分所有者の全員又は管理組合法人は、区分所有者の共同の利益のため、その行為を停止し、その行為の結果を除去し、又はその行為を予防するため必要な措置を執ることを請求することができる。
2 前項の規定に基づき訴訟を提起するには、集会の決議によらなければならない。
3 管理者又は集会において指定された区分所有者は、集会の決議により、第一項の他の区分所有者の全員のために、前項に規定する訴訟を提起することができる。
4 前三項の規定は、占有者が第六条第三項において準用する同条第一項に規定する行為をした場合及びその行為をするおそれがある場合に準用する。

区分所有法第60条
第五十七条第四項に規定する場合において、第六条第三項において準用する同条第一項に規定する行為による区分所有者の共同生活上の障害が著しく、他の方法によつてはその障害を除去して共用部分の利用の確保その他の区分所有者の共同生活の維持を図ることが困難であるときは、区分所有者の全員又は管理組合法人は、集会の決議に基づき、訴えをもつて、当該行為に係る占有者が占有する専有部分の使用又は収益を目的とする契約の解除及びその専有部分の引渡しを請求することができる。
2 第五十七条第三項の規定は前項の訴えの提起に、第五十八条第二項及び第三項の規定は前項の決議に準用する。
3 第一項の規定による判決に基づき専有部分の引渡しを受けた者は、遅滞なく、その専有部分を占有する権原を有する者にこれを引き渡さなければならない。


Previous 管理費を滞納したまま転売
Next 駐車場利用料の扱い
Table of Contents
MENU
PAGE TOP