マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

管理費等の運用に失敗した場合の責任

(問題点)
 管理費や修繕積立金を増やすために、理事会役員の合意だけで株での運用を始めてしまいましたが、失敗に終わり、かなりの損害が出てしまいました。この場合の責任はどうなりますか。

(解決の糸口)
 組合員が支払った管理費・修繕積立金は、共同の利益のために使われるべきであり、その運用については、総会にて慎重に議論される必要があります。したがって理事会合意だけでリスクの高い株式投資での運用を行うことは問題があります。
 管理組合の理事長をはじめ、その他の理事についても受任者としての義務を負い、特に民法第644条の善管注意義務が発生します。

民法 第644条(受任者の注意義務)
 受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う。

 今回のケースでは、善管注意義務違反であるといえ、損害賠償責任を負わせるべきでしょう。組合員から総会招集の要請を理事長に行い、総会の場でこの責任を追及するようにしましょう。理事会メンバーが損害賠償を拒否するような場合は、管理組合として裁判を起こすことも議題に挙げ、決議してください。

Previous 管理組合の運営が適正かどうかのチェックリスト
Next 総会で議案書にない提案を決議してほしい。
Table of Contents
MENU
PAGE TOP