マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

管理費を滞納したまま転売

(問題点)
 管理費・修繕積立金を滞納していたAが、自己の持分をBに転売しました。滞納管理費・滞納修繕積立金は誰に請求すればよいですか。

(解決の糸口)
 区分所有法第8条、および標準管理規約第26条によれば、管理費等の債権は、区分所有者(A)の特定承継人(B)に対しても行うことができます。

区分所有法第8条
前条第一項に規定する債権は、債務者たる区分所有者の特定承継人に対しても行うことができる。

標準管理規約第26条
管理組合が管理費等について有する債権は、区分所有者の特定承継人に対しても行うことができる。

 今回のケースでは、管理組合は前区分所有者となるAと現区分所有者のBのそれぞれに対して同時に請求できます。内容証明郵便で、正式な催告状として送付する方法が有効です。

Previous 管理費・修繕積立金の変更
Next 管理費滞納の問題点と解決策
Table of Contents
MENU
PAGE TOP