マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

専有部分を宿泊施設として貸し出したい

(問題点)
 専有部分を宿泊施設として貸し出したいですが、問題はありますか。

(解決の糸口)
 専有部分を民泊としての利用ですが、まず管理規約上認められているかどうか確認が必要です。標準管理規約では第12条として専有部分は住宅用として使用することを規定していますが、第2項に民泊を認めるかどうかで2パターンのルールを定めています。自分のマンションがどちらの管理規約となっているかを確認しましょう。

(ア)住宅宿泊事業を可能とする場合(専有部分の用途)
第12条 区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。
2 区分所有者は、その専有部分を住宅宿泊事業法第3条第1項の届出を行って営む同法第2条第3項の住宅宿泊事業に使用することができる。

(イ)住宅宿泊事業を禁止する場合(専有部分の用途)
第12条 区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。
2 区分所有者は、その専有部分を住宅宿泊事業法第3条第1項の届出を行って営む同法第2条第3項の住宅宿泊事業に使用してはならない。

 (イ)の住宅宿泊事業を禁止する場合は、宿泊施設とすることができないため、諦めるより仕方がないですが、それでも実施したい場合は、管理規約を変更することを管理組合に提案しましょう。管理規約違反している状態で実施した場合は、理事会より違反行為に対して是正勧告・指示・警告等が発せられ、それでも違反行為を辞めない場合、行為差止めなどの法的措置が取られる可能性があります。
 また、(ア)住宅宿泊事業を可能とする場合であっても、管理組合にその旨連絡するとともに、宿泊者に対して、騒音やゴミ出しなど一定のルールを居住者同様に守ってもらうことを強く依頼することが必要です。

Previous 外壁タイルが落下して通行人がケガ
Next 漏水事故の原因調査をしたい
Table of Contents
MENU
PAGE TOP