マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

実数精算方式とは何ですか。

(問題点)
 実数精算方式とは何ですか。大規模修繕工事の予算は事前に確定できないのでしょうか。

(解決の糸口)
 大規模修繕工事の予算を見積もる場合、事前の調査診断により、建物劣化部分(外壁のひび割れ、タイルの浮きなど)の数量をもとに計算します。しかし事前の調査診断では、足場を組んで全量をチェックすることは現実的ではないため、建物の特徴を考慮した一部分の調査結果と調査員の経験値をベースに全体の数量を予想し、見積もり予算を算出します。ここでの建物の特徴とは、上層階と低層階での差異や、日当たり、庇の形状などを指します。
 実際の工事の段階では足場をかけて全ての劣化を計測し、見積もり時点の数量との比較を行います。予想より多くの劣化があれば見積もり金額にプラスされますし、少なければマイナスされます。これが実数精算方式と呼ばれます。
 したがって、事前の見積もりに対して予備費を設定しておくことが好ましく、一般的に予備費は全体工事費の10%程度を設定するようにします。ただし、当然それ以上の劣化が見つかる場合もあるため、予備費を超えた場合の対策も検討しておいた方がよいでしょう。

Previous 大規模修繕工事着手金の保全について
Next 枠組足場とゴンドラはどちらがいいですか?
Table of Contents
MENU
PAGE TOP