マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

大規模修繕工事を計画していますが、管理会社に任せれば大丈夫でしょうか。

(問題点)
 大規模修繕工事を計画していますが、理事会メンバーは建築関係や修繕工事などに詳しくない人ばかりなので、管理会社主導でお願いしようと考えていますが、それで大丈夫でしょうか。

(解決の糸口)
 大規模修繕工事は、組合員が捻出した大事な修繕積立金で行いますので、失敗は避けなければなりません。単に建築の知識といっても、外壁・塗装・屋根・バルコニー・廊下・内装など多岐に渡りますし、施工会社の選定、工事設計マンションの長期修繕計画を考慮した積立金の使い方など、考慮する事項は非常に多いです。そのため、初期検討の立ち上がりは管理会社のサポートを受けたほうがスムーズに進むでしょう。
 しかしながら、大規模修繕工事の当事者は管理組合であり、マンションを所有する組合員です。自分たちの資産は自分たちで守る、といった意識を持って、自発的に取り組むべきイベントです。知識不足は書籍やセミナーなどで補っていき、必要に応じて外部専門家を活用を検討するとよいでしょう。
 管理会社は建築デベロッパーのグループ会社であることも多く、また管理組合の修繕積立金残高を把握しているケースもあるでしょうから、全面的に管理会社に任せてしまうのは組合員にとって望ましいとは言えません。
 もし不明なことがありましたら、初回相談は無料で承っておりますので、是非オフィスJYCにお声がけください。

Previous 大規模修繕工事を検討する際の注意点は何ですか?
Next 大規模修繕工事着手金の保全について
Table of Contents
MENU
PAGE TOP