マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

大規模修繕工事は12年周期なのですか?

(問題点)
 大規模修繕工事は12年周期で行わなければならないのでしょうか。

(解決の糸口)
 必ずしも12年周期で行う必要はありません。ではなぜ12年周期で大規模修繕工事を行うマンションが多いのでしょうか。いろいろな説がありますが、一つには2008年6月に国土交通省から提示された「長期修繕計画作成ガイドライン」に記載されている以下の図のよるところが大きいと考えられます。

 この大規模修繕工事の概念図は多くのデベロッパーによって引用され、また同時に、この図に記載された12年おきに大規模修繕工事を実施すべきである、という情報が独り歩きしてしまったようです。

 しかしながら、このガイドラインが出てから既に10年以上が経過し、建築資材の品質向上や外壁塗装などの施工技術は向上しており、現在は必ずしも12年おきに大規模修繕工事を実施する必要はないと言われています。現に2017年に国土交通省にて行われたマンション大規模修繕工事に関する実態調査においても、大規模修繕工事は概ね1回目は築13~16年前後で実施するマンションが多いことが報告されています。

 仮に16年周期で実施できることになれば、大規模修繕工事のための修繕積立金よりを多く積み立てることができ、より充実した大規模修繕工事を計画することができるでしょう。

Previous 大規模修繕工事の費用が足りません。
Next 大規模修繕工事を検討する際の注意点は何ですか?
Table of Contents
MENU
PAGE TOP