マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

外壁タイルが落下して通行人がケガ

(問題点)
 外壁タイルが落下して、通行人がケガをしてしまいました。誰が責任を負うのでしょうか。

(解決の糸口)
 マンションは土地の工作物にあたり、今回のような外壁タイルが落下したような場合は、民法第717条第1項にあるように、その占有者または所有者が責任を負うことになります。

民法第717条
1 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
2 前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。
3 前二項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。

 マンションの外壁は共有部分にあたるため、占有者および所有者ともに区分所有者全員となるため、管理組合が責任を負うことになります。ちなみに占有者、所有者が異なる場合、建物の保存について占有者に瑕疵がない場合は、所有者の無過失責任(=過失がなくても責任を負う)となります。
 今回のケースでは、マンション管理組合が通行人のケガに対して責任を負うこととなります。ただし、以下の考慮点がありますので確認が必要です。

  • 保険に加入している場合、損害が補填されることがあります。
  • 築年数が短い場合、経年劣化ではなく、もともとの建築工事に問題があった可能性があります。この場合、施工業者の瑕疵を証明できれば、その業者に損害賠償を求めることができます。(民法第717条第3項)
Previous 内装工事を無断で実施
Next 専有部分を宿泊施設として貸し出したい
Table of Contents
MENU
PAGE TOP