マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

修繕積立金の値上げ

(問題点)
 次の総会にて修繕積立金の値上げを提案・決議したいのですが、どんな点に留意したらよいでしょうか。

(解決の糸口)
 マンションの定期的にメンテナンスする大規模修繕工事は多額の費用を必要とします。そこで、組合員から毎月修繕積立金を徴収し、時には修繕積立一時金という形でまとまった金額が徴収されることもあるかと思います。しかし、必要なお金とはいえ、突然値上げされると家計への影響もありますので、丁寧な説明が求められます。
 マンション分譲当初に長期修繕計画と修繕積立金が提示されますが、マンションの販売促進という面もあり、修繕積立金がかなり低く見積もられているケースがよくあります。当然そのままの金額で年月が経ちますと、いざ大規模修繕工事の段階になって修繕積立金が不足するという事態になってしまいます。
 したがって、マンションの劣化度合いや建築資材の単価、労務単価の変動などの要素を盛り込みながら、長期修繕計画を定期的に見直し、それに見合った修繕積立金の負担を各組合員にお願いすることになります。
 とはいえ、修繕積立金の値上げ金額だけを提示しても組合員の理解は得られないでしょうから、長期修繕計画の見直し結果について時間をかけ説明していくことが重要です。また、組合員に負担をお願いしているもう一つの費用である管理費の使用状況を分析し、無駄な出費を少しでも減らし、管理費を値下げするような工夫も必要と思います。(現実的には、管理費の値下げ分を修繕積立金に回します。)
 総会での決議においても組合員に十分な検討の機会を与えるため、まずは直前の総会において、修繕積立金値上げの提案のみを行い、次の総会(臨時総会等)で決議する、というような工夫も必要でしょう。
 

Next 出欠票・議決権行使書・委任状が集まらない。
Table of Contents
MENU
PAGE TOP