マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

住宅用火災報知器は専有部分?

(問題点)
 住宅用火災報知器を設置して10年以上が経ちます。先日の点検時に交換すべきと言われましたが、専有部分にあたるのでしょうか。交換費用は区分所有者が負担するのでしょうか。

(解決の糸口)
 住宅用火災報知器は消防法の改正に伴いほとんどの共同住宅に設置する義務があります。そして、設置場所は専有部分内の天井などになるため、共用部分ではなく、専有部分のものとなります。したがって、交換費用は区分所有者が負担することとなります。
 ただし、管理組合によっては、管理規約に共用部分と定められていたり、専有部分ではあるものの、管理組合で共同購入することによって安価に入手する仕組みがある場合がありますので、管理組合役員などに確認してみましょう。

Previous マンション維持管理の費用
Next 公開空地とは?
Table of Contents
MENU
PAGE TOP