マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

マンションの水害対策としてどんなことを考えたらよいですか。

(問題点)
 マンションの水害対策としてどんなことを考えたらよいですか。

(解決の糸口)
 近年、地球温暖化に伴い日本に到来する台風の大型化やゲリラ豪雨による集中的な降水が発生し、マンションにおける水害の事例が多く報道されています。こうした水害に対する備えを日々検討していくことはマンション管理組合にとっても喫緊の課題と言えます。
 まず、地方公共団体が提供しているハザードマップを入手し、マンションが立地している場所がどのような状況になっているのかを確認しましょう。これまで甚大な水害被害があったような場所もほぼハザードマップ通りの浸水があったようです。
 次に該当マンションの立地状況を確認し、どういった浸水ルートがあるのかも把握しておきましょう。エントランス周辺や駐輪場からの浸水ルートがないかどうか確認しておきましょう。マンションは地上部分の居住空間を確保する構造となっているため、残念ながら発電機等は地下にあるケースが多いようです。浸水ルート上、発電機が被害を受けやすいようであれば、予備の発電機を別の場所に確保するなども対策も考えられます。(なお、ここでの発電機はマンションの共用部分の電力を供給するためのものであり、各戸への電力ではないことにご注意ください。)
 雨水貯留槽、雑排水槽、排水桝の確認も重要です。ここに枯葉などが堆積しているような場合、雨水があふれ出すケースもありますので、こまめに点検・清掃を行いましょう。また、低層階のトイレなどが逆流するようなことも考えられますので、例えば水をいれたゴミ袋でトイレの蓋をするなどの対策を住民同士で共有するようにしましょう。
 いずれにしても、自然災害はこちらの思いとは無関係に襲ってきます。被害が出たとしても冷静に対応できるよう避難経路の確認を含めた防災訓練や、水災に対応できる保険の準備なども検討しましょう。
 

Previous マンションの専用庭
Next 共用部分と専有部分の違いを教えてください。
Table of Contents
MENU
PAGE TOP