マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

ペット飼主のマナーが悪く、ルールを決めたい。

(問題点)
 ペットの鳴き声や糞を放置するなど、飼主のマナーが悪いため、マンション内でのペット飼育に対してルールを決めたいです。

(解決の糸口)
 ペット飼育のマナーを改善するためには、2つ通りのやり方があるとおもいます。1つはペット飼育に関し、飼育方法や糞の始末等を義務付ける細則の設定で、もう1つはペット飼育自体を禁止にする方法です。
 管理組合のルールということでまず規約の改正が必要となります。ペット飼育の詳細ルールの設定の場合、運用中に細かい変更がありそうであれば、規約上は「ペット飼育の詳細方法を細則で設定する」としておき、細則を設けるほうが毎回特別決議をする必要がなくなるため、運用しやすいでしょう。
 いずれの場合にも、ペットの飼育に関して特別の影響がある組合員に対しては、区分所有法第31条によって、承諾を得る必要があります。ただし、特別の影響とは盲導犬のようにその人の生活そのものが成り立たなくなるような場合であり、単なるペット飼育者への承諾は判例にて不要とされています。(東京高判平成6・8・4判決)
 また、ペット禁止の場合、すぐに運用するのではなく、ペット飼育者に一定の猶予時間を与え、その後の居住者間の関係をなるべく壊さないような配慮が必要です。

Next マンション内で騒音を出す居住者がいます。
Table of Contents
MENU
PAGE TOP