マンション管理 駆け込み寺
< All Topics
Print

ニオイのトラブル

(問題点)
 特定の住戸から異臭が出ているようです。どのように解決したらよいでしょうか。

(解決の糸口)
 ニオイの発生源はさまざまなものがありますが、受忍限度には個人差があり、解決するのが難しい問題です。
 ・ベランダでの喫煙
 ・ペットの臭い
 ・洗濯物の柔軟剤等による化学薬品のようなニオイ
 ・排水管トラブルによる異臭
 ・殺虫剤のニオイ
 管理規約や使用細則に違反するような場合は、その行為を辞めさせるように働きかけることが可能と思われますが、そうではない場合は、掲示板などを利用し居住者向けの注意喚起を促しましょう。
 また排水管トラブルに起因するニオイであれば、漏水等別の症状によりニオイ以外の実損害が発生する可能性もありますので、ニオイの発生源を特定するために、臭気判定士や建築士、保健所等に相談を行い、該当の居住者への立ち入り検査をさせてもらうようにしましょう。ただし居住者の同意が得られなければ検査を強行することはできないため、粘り強く説得する必要があります。
 最終的には区分所有法第6条の共同の利益に反する行為に該当する可能性もあるため、その点で争うのであれば、弁護士やマンション管理士、あるいは管理会社に相談し対策を協議しましょう。

区分所有法
(区分所有者の権利義務等)
第6条 区分所有者は、建物の保存に有害な行為その他建物の管理又は使用に関し区分所有者の共同の利益に反する行為をしてはならない。
2 区分所有者は、その専有部分又は共用部分を保存し、又は改良するため必要な範囲内において、他の区分所有者の専有部分又は自己の所有に属しない共用部分の使用を請求することができる。この場合において、他の区分所有者が損害を受けたときは、その償金を支払わなければならない。
3 第一項の規定は、区分所有者以外の専有部分の占有者(以下「占有者」という。)に準用する。

Previous エレベーターを使わない分の管理費を安くできるか。
Next マンションの専用庭
Table of Contents
MENU
PAGE TOP