日本人と結婚した外国人が日本に住むためには「日本人の配偶者等」という在留資格が必要となります。国際結婚そのものは手続きを行えば必ずできます。しかしながら、日本人の配偶者等の在留資格は必ず取得できるわけではありません。
 その理由は、近年この在留資格の取得だけを目的とした偽装結婚の事例が散見され、出入国在留管理局の審査が厳しくなっているからです。そのため、まぎれもなく本当の国際結婚であっても在留資格申請の書類の不出来によって、資格の取得が見送られてしまうケースがあるのです。
 縁あって結婚したお二人が一緒に日本に住めないとなったら、それは非常に残念なことです。しかしご安心ください。行政書士オフィスJYCが在留資格を取得し、幸せな結婚生活を日本で過ごせるよう全力でサポートいたします。